取得しておくべきもの|公認会計士の勉強をしよう|効率の良い方法
勉強

公認会計士の勉強をしよう|効率の良い方法

取得しておくべきもの

婦人

子どもが好きな方に人気がある職業である保育士ですが、保育士になるには資格が必要です。しかし、資格を取得するための勉強を一人で続けていく自信がないという方にお勧めなのが資格予備校です。 資格取得を目的とした受講生が集まる予備校であり、保育士の資格を取り扱っている資格予備校も存在しています。 こうした予備校の講師は多くの資格取得者を輩出した経験のある講師で、試験にどのような問題が出やすいのかなどという出題傾向などを毎年分析しているため、資格予備校では保育士の資格のための勉強を効率的に行うことができます。 通信教育を行っている予備校も存在するため、予備校に通う余裕がなかったり、自宅から遠いという方にもおすすめです。

女性の社会進出に伴い保育士の需要は高まり、資格保持者の求人が増えています。そのような中、保育士の資格を取得したいと考える人は多いです。 保育士資格の取得方法は2種類あります。まず、保育士養成校を卒業することで取得する方法です。これは通学もしくは通信制の専門学校、短大、大学などで保育士に必要な科目の単位を修得し、卒業することで無試験で資格が取得できます。ただ、その単位には保育所や入所型の児童福祉施設での実習が含まれているため、社会人で仕事を休めない人には難しいです。さらに、学費がかかるというデメリットもあります。 もう一つの方法は1年に1回の保育士国家試験に合格するというものです。この試験については対策用の問題集が手ごろな価格で市販されており、あとは受験料が必要となるだけなので養成校への学費を考えると格段に安くて済みます。また、実習に行く必要がないので、仕事との両立が可能で社会人の方にもおすすめです。